雨漏り修理で家を守る|雨漏りはやーね!そうだ屋根を直そう!

修理

お得に修理

作業員

住宅寿命を縮めてしまう雨漏りが発生した場合は、住宅寿命が著しく縮んでしまいますので、迅速な修理が必要となります。雨漏りの修理を行なうのは費用が無いという場合は、お得な修理方法もありますので把握しておきましょう。
雨漏りの直接的な原因となるのが棟板金の浮きや、スレートの浮きといった屋根建材の浮きによって生じるものです。その他にも、漆喰の崩れやスレートのひび割れ、コーキング剥がれといったことが原因として考えられます。このような症状が現れた場合は、屋根の経年劣化などが原因ですので、雨漏りが起こる前に建材のリフォームを行なうと良いでしょう。
直接的な原因だけでなく、間接的なことが原因で雨漏りを引き起こしてしまうことがあります。間接的な雨漏りの原因として挙げられるのが突風や強風で、このようなことが原因の場合は火災保険を使って修理をすることができます。火災保険で屋根修理をすることができれば負担金が0円にすることができますので、出費を抑えて雨漏り修理を行なえます。突風や強風だけでなく、台風や豪雨、積雪、落雷、ヒョウといったことが原因で発生した雨漏りにも火災保険が適用されます。屋根に苔が生えていたり、トタン屋根や板金にサビが見られる場合、雨樋のチョーキング現象が起きている場合などは、経年劣化が原因と思われる雨漏りでも火災保険が適用されることがあります。完全な経年劣化が原因の屋根の場合は火災保険が適用されませんが、多くの場合は火災保険が適用されますので専門の機関に相談してみるとよいでしょう。